コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう

ものづくりを効率化する

電話

コストと製作期間を節約

ものづくりの現場では生産ラインを本格稼働させる前に試作品を製作するプロセスが欠かせませんが、この試作品づくりを効率化するのに役立つとして注目されているのが、3Dプリンターです。3Dプリンターとは、樹脂・金属・木材などを加工して立体物を造形するマシンです。コンピュータで作成された3Dデータを用い、文字や画像をプリントアウトするのと同じ感覚で自動的に操作することができます。3Dプリンターを利用すれば、従来は試作品の製作時には欠かせなかった鋳型づくりのプロセスを省略できるようになります。細部を変更しながら複数のパターンを試作する際も、データを補正するだけで簡単、かつ忠実にいくつものモデルを作り出すことが可能です。試作品ばかりでなく、完成品を製作する際にも3Dプリンターを利用するメリットはあります。それは、いわゆる「一点もの」を作る際にコストの節約や製作期間の短縮が図れるということです。実際に、人工臓器やオリジナルフィギュアなどの製作現場では、3Dプリンターを使うことで以前よりも効率的に特注品を作ることができるようになっています。また、3Dプリンターの導入は技術者の養成にかかる手間を省くのにも役立ちます。正確な寸法どりが必要な部品や複雑な形状をした完成品を作るには、本来は高度な手作業が必要となります。しかし3Dプリンターを使うのであれば、データを製作するためのソフトの操作方法さえ覚えれば誰でも手軽に高品質な製品づくりが可能になります。

Copyright© 2017 コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう All Rights Reserved.