コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう

ビジネスに役立てるには

固定電話

種類と用途

3Dプリンターは、三次元データをもとに立体的な造形を自動的に行ってくれる装置のことです。これまで産業用として使われてきた3Dプリンターも2010年代に入ると民間用にも使える安価な3Dプリンターが登場し、身近な存在となっています。このためそれまで専門分野でしか使われてこなかった3Dプリンターもそれ以外のビジネスの分野でも使われるようになっています。3Dプリンターを使ったビジネスとしては、3Dスキャナや写真などのデータから立体データを作るなどして簡単に現実の立体物を作るといったものがあります。また粗品を送るさいにオリジナルのものを作るさいにはその試作品を作るといった用途でも使われます。3Dプリンターとひとつに言ってもいくつかの種類がありますが、その種類としては作成する物の素材によって左右されます。簡易なものであれば樹脂が使われます。メリットは低い温度で溶かすことができるためです。一方で近年はさまざまな金属でも行えるようになっており製品と変らない程度の精度のものを作ることができます。基本的にはどの方法でも積層式というもので、三次元データから高さ分だけスライスした情報をもとに積み重ねていく方法で作られていきます。一般的には熱に樹脂を積み重ねることで作ることができますが、金属などの場合には金属粉をレーザーによって融解して作る方法が使われています。また近年は単色のものだけでなくある程度の色を付けることができるものなどもあり、さまざまなビジネスの場面で使われるようになっています。

Copyright© 2017 コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう All Rights Reserved.