コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう

電話

ものづくりを効率化する

3Dプリンターはコンピュータ制御で自動的に立体物を作り出せるマシンです。試作品や一点ものの製品を低コストで製作できるというメリットがあります。また、手作業が不要となるため技術者不足の解消にも役立ちます。

詳しく見る

インク

次世代技術の実力

コニカミノルタで独自開発したデジタルトナーは、製造過程から含有成分まで幅広く見直しを図ったことで生まれた次世代トナーで、画質の鮮明さや紙への定着は格段に向上し、複合機や複写機に掛かる負担を大幅に減らすことが出来るようになりました。

詳しく見る

女性

業者を選ぶ時に見ておく点

コピー機の修理業者の選び方のコツは、まずはスピード感が大切です。すぐに駆けつけてくれる、消耗品も直ちに届くのなら便利です。それ以外にも、修理した後に証明書や修理履歴といった、書類をもらえるのかの確認もしておくと良いでしょう。

詳しく見る

固定電話

ビジネスに役立てるには

これまで限られた産業にしか使われてこなかった3Dプリンターですが、2010年代に入ると一般にも手軽に買えるようになり、現在ではさまざまな分野やビジネスの場面に使われるようになっており、その用途も拡大しています。

詳しく見る

インク

海外でも人気のOA機器

コピー機・複合機メーカーの中でもコニカミノルタはヨーロッパを中心に高いシェアを誇ります。高画質を実現したデジタルトナーがコニカミノルタ製OA機器の特徴ですが、新品で購入するには高額の費用が必要です。消耗品のトナー代も含めたリース契約なら、高性能のコニカミノルタ製OA機器も安い月額料金で導入できます。

詳しく見る

OA機器の買い替え時期

固定電話

OA機器保守契約ノウハウ

オフィスには様々な機器が導入されています。特にコピー機はほとんどのオフィスにおいて必須と言える機器です。コピー機を使うにあたって必要となるコストは用紙、トナーやドラムは当然ですが、修理費用についても考慮しておく必要があります。コピー機はテレビや冷蔵庫等と違い多くの消耗部品で構成されています。使用頻度が多いのであれば当然修理頻度は増えますが、たとえ使用頻度が少なくても経時劣化による故障修理は発生します。例えば紙送りローラーの劣化などです。紙送りローラーはゴムでできています。適度な弾力性、粘着性が必要ですが、経時劣化に伴い硬化していきますので紙詰まりの原因となります。ドラムカートリッジにしましても同様です。ドラムカートリッジユニット名部の清掃部品はゴムでできていますので、同様に故障修理が懸念されます。症状としましては清掃不具合によるプリント時の汚れが多く見られます。コピー機のメンテナンスは多くが2つの保守形体にわかれます。1つは生命保険の様な1枚プリントあたり数円の定額料金を支払う代わりに故障の際の部品、作業料金及びトナーなどの消耗品は一切無料という方式、もう1つはプリントあたりの料金は発生しないが故障修理の際は有償、トナーも有償で購入になるものです。どちらの契約方式も一長一短ありますが、これらの保守契約は導入時に決定されると途中の変更はきかないケースがほとんどです。導入時にはよく考慮しておく事が重要です。月に何回もの修理が発生し、機械代の数倍の修理料金が必要になるケースもあります。

Copyright© 2017 コピー機の修理回数を減らすために|メンテナンス方法を知っておこう All Rights Reserved.